> > 個人がキャッシングから借りた借金の時効

個人がキャッシングから借りた借金の時効

個人がキャッシングから借りた借金の時効は5年です。
時効が成立すれば債務を返済する必要はありません。

しかし借りてから5年経過すれば、
誰でも借金の時効が成立するというわけではないのです。
5年以上借金の返済をしていないことがまず条件になります。
また借金を返済する意思を表示していないことも条件になるのです。

実際に時効を成立させることは非常に困難

更に債権者側も時効の延長の手続きをしていないことが条件になります。
これらをくぐって個人が借金の時効を成立させるということはかなり難しいのです。

また、借金の時効を成立させるためには、
必ず債権者側に借金を返済する意思がなく
時効を成立させるということを伝えなければいけません。
これをしてやっと時効が成立するのです。

それ以降は一切借りることはできなくなる

しかしこのようなことをすると、
まず今後はお金が借りられなくなるので気を付けてください。
少なくとも時効を成立させられた会社からはもう一生借りることができません。

キャッシング会社は審査をするときに与信情報を参考にしますが、
時効を成立させるような人には一円たりともお金を貸したくないものです。

審査の甘いところからお金を借りて、
時効を成立させて得をしようとする方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、
調子に乗ってそれを続けていますと大変なことになってしまいます。

もしもヤミキンから無謀に借りてしまいますと、
法律を順守しない会社ですので会社まで取り立てをしに来たり、
借金のことをばらされてしまう可能性もあるのです。

ですので時効の成立など考えず、
審査の甘さを重視することなくお金を借りるようにしたほうが、
より建設的であるといえます。