> > 返せない借金の取り立て来たら法的な相談をするべきである

返せない借金の取り立て来たら法的な相談をするべきである

借金の返済が遅れてしまうということには、レベルが存在します。

たとえば、手元に返済するためのお金は持っているけど、
返済期日を勘違いして忘れていたということであれば、
この遅れはほとんど問題ないということになります。
確かに、返済が遅れたということはマイナスですが、気づいた時点ですぐに返済が済むからです。

次に問題のないレベルとしては、返済期日にはお金を用意出来ないけど、
その後にお金が入ることが確定しているという場合です。
この場合、貸金業者に具体的な日数を教えて、
借金の返済を待ってもらえればいいので問題は大きくならないのです。

返済の目処が立たないという場合

では、かなりのレベルで問題ありというケースはどのようなものかというと、
借金を返済出来る目途がまったくないという場合です。
たとえば、失業してしまって収入がないといったケースが当てはまります。
こういう状況で借金の返済をしないでいると、確実に貸金業者による取り立てが行われます。

このように、収入がない状態で借金の取り立て来たら法的な相談を考えた方がいいでしょう。
というのは、貸金業者に連絡をして、借金の返済は待ってほしいと言ったとしても、
では、具体的にいつ返済出来るのかという話になってしまうからです。

収入がないのであれば、その質問には答えることは出来ません。
なので、取り立て来たら法的な相談をした方がいいのです。

債務者に有利な和解のために

つまり、相談相手を貸金業者などの債権者ではなく、第三者に切り替えるということです。
返済が出来ない債務に関しての取り立て来たら法的な相談をした方がいいメリットとしては、
仮に、債務整理となった場合、貸金業者が圧倒的に有利な条件での
和解になってしまうということを避けられるというものがあります。

たとえば、貸金業者と債務者が直接話し合っての和解だと、
利息をつけての返済となるところ、弁護士などの第三者を通じての和解にすることで
利息なしでの分割返済に出来るといったことがあります。

スマホでキャッシング