> > 当社が金利・手数料を負担をしますというセリフに隠された真実

当社が金利・手数料を負担をしますというセリフに隠された真実

住替えで引越し先が決まり部屋の家具や家電を買い替えたい。 まずは家電だ。新居の寸法はしっかり計算した。冷蔵庫、洗濯機、大型テレビ、今流行りの 自動で掃除をしてくれるルンルンなあいつ。そして美味しくご飯を食べる為の 炊飯器。合計で50万はくだらなかった。

いっきにまとめて買うからと私は店員に交渉を始めた。

「ちょっといですか?全部買うから割引してくれないですか?」

すると店員「んーきびしいですね。選んで頂いた商品は新作ばかりなので。。これが限界かと。。」 そういい電卓にうちこんだ48,9000-という数字を見せる。

ほほう。いきなり2万円引きか。まだ落ちるな。そう思い私は さらに交渉を始める。インターネットの価格比較サイトでは買おうとしていたsonyが 1万円も安かったのだ。

「んー実際にネットと比較されちゃうとうちは勝ちめないんですよね。 その分郵送とか他で負けない努力をしていますので」

右頬が一瞬歪み苦笑いをした店員はさらに“トーク”を進めた。 そうなにか決まったセリフを吐きだすかのように。

今ご一緒にインターネッツ…
今クレジットカードを契約してもらえれば…
さらに金利手数料は当社が負担しますよ…。

い。ここまで小説風にお届けしましたが、こういったシチュエーションは 意外と多くあるものですね。ついてくる特典は様々ですが契約すると数万円割引とか テレビショッピングとかだと手数料を負担とか割引とか結構色々とありますね。

しかし、本当にそれ得なのかなと。 真実は各社サービスによると思いますが、なぜそういった事をするか?を考えると 面白いです。